行政書士・社会保険労務士
コンサルティング

1 助成金アドバイス

国(厚生労働省)から貰える「助成金」。
ネットや知人からの情報で耳にする方も多 いかと思います。
人を新たに雇用したり、人材育成をした場合など、国から助成金が支給されると事業主としてはとても助かりますね。
「返済不要のお金」「一定の要件さえ満たせば 誰でも受給可能」とも言われていますので、ますます魅力的です。
そもそも上記の「一定の要件」を満たすことができるのでしょうか?
重要なポイ ントは、「労働関係法令に違反していないかどうか」です。
雇用契約書はありますか?従業員の勤怠をしっかりと記録していますか?残業代を支払っていますか?
助成金は、労働関係法令を遵守している企業にのみ支給されるものです。
ぜひ一度、自社の労務管理全般を見直し、国の「助成金」に対応できる職場環境の整備をしてみてはいかがでしょうか?
人材不足が深刻である現在、職場環境が整備されているということは、人を呼び込むための最低条件といえるでしょう。
社内の職場環境・労働環境の見直しに興味がある方は、当社顧問の 社会保険労務士にお気軽にご相談ください。

助成金チェックシート
助成金申請をご検討の方は、各種助成金で要求されている個別の要件はもちろんですが、
以下に挙げる労働関係補諸法令に関する要件についても今一度ご検討ください。
助成金申請にあたり重要な要件となります。
すべての要件を挙げることは困難ですが、以下の代表的 な要件を満たしている事業所様は、
助成金申請の第一関門を突破していると言っても過言 ではありません。
詳細につき不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
□雇用契約書(又は労働条件通知書)はりますか?
□ 労働者名簿はありますか?
□ 労働時間を把握するタイムカード又は日報はありますか?
□ 従業員の賃金台帳を整備していますか?
□ 残業代の未払いはありませんか?
□ 残業をする場合の協定は締結されていますか?
□ 就業規則はありますか?
□ 労働者 10 名以上の場合、就業規則を労働基準監督署に提出していますか?
□ 従業員は雇用保険に加入していますか?
□ 最近従業員を会社都合で解雇したことがありますか?
□ その他労働関係諸法令の違反をしたこと又は指摘されたことはありますか?

2 起業支援

3 労務コンサルティング

顧問
社会保険労務士・行政書士
新井 英孝
初めまして。
社会保険労務士・行政書士の新井英孝と申します。
当事務所は、信州・長野県岡谷市に本拠を置き、
諏訪地域(岡谷市・下諏訪町・諏訪市・茅野市・原村・富士見町)を中心に
活動を行っております。
業務内容は、社会保険労務士・行政書士のダブルライセンスを活用して
年金相談から外国人の雇用問題まで幅広く取り扱っており、
複合的なサービスをお客様に提供できる点が特色といえます。
若さも一つの売りとなり、
迅速な対応を心がけて日々の業務を行っております。